忍者ブログ

朧月夜に

不知足斎

   
カテゴリー「学道」の記事一覧

西安その4

本日はお世話になっている大学が特別に車を出してくれました。

向かったのは章懐太子墓。

IMG_0214.JPG










墓道は北に向かって、掘り下げられている。

その墓道の両壁に有名なポロや狩りをする絵が描かれている。

地下はひんやりとして、寒いくらい。

最奥には墓室が置かれている。

見たかったのはポロの絵だったので、大満足。

道端に撮影禁止の立て札があったが、服務員は撮影しても何も言わず。

ですがいちおう、UPは控えます。

IMG_0276.JPG










近くに章懐太子の父である唐高宗の陵墓、乾陵も見えたが、

無理をお願いしてきたので、時間の都合上、帰ってきました。



PR

西安その3

本日は大雁塔へ。

IMG_0203.JPG















唐の時代に玄奘三蔵が持つ帰った仏教経典を収めた塔。



IMG_0211.JPG










きょうは曇りだったので、空がかすんでいます。

それでも塔を登れば汗だくです。

かすんでいるのは、黄砂のせいもあるでしょう。

洗濯の水が黄色くて、何回すすいでもとれません。


西安その2

まだ西安にいます。

お約束の兵馬俑に行きました。

IMG_0170.JPG










ドイツ人はいないかと探してみました。

やっぱ、いないですね。

IMG_0182.JPG















にこやかに握手を求めています。



そして、玄宗と楊貴妃でおなじみの華清池にも行きました。

IMG_0191.JPG











真中は長生殿です。

かなり整備されすぎてますね。



西安南門にて

とある理由で西安にいます。

IMG_0128.JPG










現在も残る城壁。高さは12メートルある。

城壁の上は散策やサイクリングコースとなっている。



IMG_0129.JPG














阿倍仲麻呂の帰国

昨日,古代東アジア海域史概説なる授業で,
阿倍仲麻呂の話をしました。
有名人なので,いろんな資料があるかと思いきや,
さほどないようで,いろんな本を参照しても
結構意見にばらつきがあります。
その中で,自分が至当と思われる話をしましたが,
やはりその研究者が日本史を専門とされている
ことが多いので,以外に中国の事情を加味していない
ことに気付きました。
たとえば,仲麻呂の帰国を願ったことに関してですが,
望郷の念や母を思ってなどの説明がなされます。
たしかに王維の詩序によればそのように書かれています。
しかし彼が帰国を志し,遣唐使船に乗り込んだのは
753年(天平勝寶年度:大使藤原清河)です。
この遣唐使は前年に入唐し,753年の元会儀礼に参加し,
有名な争長事件を起こした時でした。
仲麻呂もこの前後に遣唐使船の到来を見聞したと見られます。
そしてこのころ,中国では李林甫が死に,
安禄山と楊国忠の反目が表面化していました。
仲麻呂は儀王友か衛尉少卿に就いていたとされ,
宮中の事情に通じていたかもしれません。よって,仲麻呂は
中国での政治闘争による社会不安を機敏に感じて,帰国を
願ったのではないでしょうか。ただ,その船は帰国を果たせず,
ベトナム北部に流されてしまいます。そして仲麻呂が藤原清河と
長安にもどったのは755年とされます。この年は,まさしく
安禄山が反旗を翻し,12月には洛陽を陥落させていました。
とすれば,仲麻呂などは玄宗とともに四川へ落ち延びたのでしょうか。
このことも案外これまで触れられていません。
仲麻呂は上元中(760-762)に鎮南都護となっています。
時に安禄山は息子に殺され,その部下であった史思明が反乱の音頭を
とっていた時期です。もし任地に赴いてたとすれば,
中原での戦に巻き込まれなかったようです。
その後,仲麻呂は表面的には沈静化した代宗朝の大暦五年(770)に
亡くなったとされます。
こうしてみれば,仲麻呂は唐朝がまさしく大きく転換する時期に直面した
人物で,つぶさにその動向を眺めていたでしょう。
その伝記が残っていれば,円仁『巡礼行記』のように,安史の乱を伝える
重要な資料となったと考えられます。
このようなことは,すでにどこかの本で触れられているかもしれません。
だとすれば私の勉強不足ですが,ちょっと気になったので,
ここに駄文を連ねました。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[10/16 sozan]
[10/15 生徒S]
[08/19 tomoro]
[07/19 きえこ]
[06/18 すずき]

カウンター

バーコード

Copyright ©  -- 不知足斎 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]